The Onose Masao Show Official Web Site

ONOSE MASAO & ONOSE MASAO SHOW NEWS

2004年


扶桑社文芸誌”en-taxi”8号 (12/28発売) 
小野瀬雅生懐食エッセイ 「病み上がり鎌倉微熱散歩」。のっさんが遠い日の自分を思い起こしつつ
鎌倉を歩く・・・そしておいしい珈琲をいただきました。ご馳走さまです。

映画「約三十の嘘」の音楽に小野瀬雅生ショウ新曲も使用 
 クレイジーケンバンドが音楽を担当した映画「約三十の嘘」(12/18より公開)では
小野瀬雅生ショウの新曲も流れます。タイトルは「Touch my echoes」、作曲・小野瀬雅生。

小野瀬&小野瀬雅生ショウが音楽専門学校で講師をつとめました 
11月、大阪のキャットミュージックカレッジにて。ライヴ演奏のほか、学生の質問に小野瀬が答えるコーナー、
学生製作のギター試奏コーナー、山野楽器によるギブソンギター展示など盛りだくさんでした。
リンク先でレポートが読めます。

小野瀬雅生ショウ、久々のワンマンライヴ決定!@渋谷PLUG 
05年、1/28(金)19:30〜。ニューアルバム発表をひかえ待望の新曲も発表予定!開演前には以前の
PLUGライヴでも好評を博したリズム&ペンシル松永良平氏によるDJもあります。ご期待ください!
詳細はSCHEDULEへ。

TBSラジオ「キック・ザ・カンクロー」小野瀬出演回がネットできけます 
CKB公式サイトで告知しておりました12/11ON AIR の「キック・ザ・カンクロー」小野瀬のゲスト出演。

ギターマガジン1月号(12/13発売)小野瀬雅生ショウライヴレポ 
去る11/18初台DOORSで行われた小野瀬雅生ショウライヴのレポート掲載です。

サウンドデザイナー1月号(12/9発売)にのっさん登場
「小野瀬雅生ショウ」1st.アルバムには、のっさんによる"打ち込み"の曲も多数収録されていますが、この記事では
ギタリストからみたシンセサイザー活用法、宅録でかっこいいノリをつくるコツなどがわかりやすく語られています。
宅録好きは必見!

小野瀬雅生ショウミニライヴ@新宿CRAWDADDY CLUB 
12/17(金)19:00〜。のっさんのルーツである70年代洋楽ロックがかかるバーで、ミニセットでお贈りする
アットホームなミニライヴです。キャパに限りがございますので、ご予約はお早めに!
詳細はSCHEDULEをご覧ください。 ★予約終了しました。

「ベイスターズフェスタ2004」エアギター選手権でのっさんがプレゼンテーターに 
11/23(火・祝)、横浜スタジアム。CD"BE A HERO"の即売&小野瀬のサイン会(12:30頃予定)に引き続き、
「エアギター選手権」(13:15〜予定)の模範演奏、審査員&プレゼンテーターを勤めます。
一般からの参加もOKで優秀者にはエピフォン特製ギター他のプレゼントもあり!

tvk(テレビ神奈川)横浜ベイスターズ応援番組「イイネ!ベイスターズ」に小野瀬ゲスト出演。
11/10 21:00〜 ON AIR。

Gibsonサイトに「2004大楽器祭」での小野瀬雅生ショウ掲載 
リンク先からFEATURESをごらんください。

CKB10/28神奈川県民ホールでギブソンギター展示 
武道館公演に引きつづき、CKB県民ホールでもギブソンギターの展示が行われました。横浜ベイスターズの
マスコット「ホッシーくん」が盛り上げに一役買う場面も。


月刊ベイスターズ11月号(10/25発売)、小野瀬雅生インタビュー掲載!
キャラクターグッズ・ショップ「ザ・ベイスターズ」(横浜・関内駅前 セルテ2F)、横浜、横須賀スタジアム売店、全国の有名書店、横浜市内の駅売店、コンビニ「スリーエフ」各店で発売中。


エンフマンライ氏来日ソロライヴでもH.B.N.(高橋・大澤・今村)が活躍 
モンゴルロックの雄「ハランガ」のリーダーで、モンゴル民族の音楽を伝える「アジナイホール」メンバーとして知られる音楽家、エンフマンライ氏。10/14、その日本での初ソロライヴで、H.B.N.が演奏を担当しました。小野瀬もライヴ会場に足を運びエンフマンライ氏と固い握手を。今後の交流も期待されます。

高橋率いる"H.B.N.”がカンタベリーウイークジャパン2004に出演 ゲスト小野瀬雅生
10/12、新宿Live Freak、高橋・大澤・今村によるバンド「H.B.N」がカンタベリーミュージックの祭典に出演。高橋がこの日のために書き下ろした曲でのセッションライヴを中心に、小野瀬のっさんもゲスト参加。またキャラバンやキャメルでの活躍で知られるリチャード・シンクレアとのセッションシーンもありました。


2004大楽器祭ギブソン・デーにて、小野瀬”のっさん”ギターQ&A、小野瀬雅生ショウライヴ
10/10、池袋サンシャイン文化会館にて。壇上の小野瀬がファンからの質問に直接お答えした後、
ベイスターズギターの紹介、小野瀬雅生ショウライヴが行われ、盛況のうちに終了いたしました。


QJ (Quick Japan)56号 (9/17発売)小野瀬雅生ショウレコーディングレポート掲載 
小野瀬雅生ショウのライヴでOPENING DJも担当した松永良平氏による、小野瀬雅生ショウ・レコーディングレポート。録音中の生のムードを垣間見れるのはこの記事だけ!コピーの「のっさんネヴァー・スリープス」という言葉にはのっさんも感激デス。


横浜ベイスターズ・ギター完成!
ギブソンが特別に制作した「横浜ベイスターズ・ギター」(ギブソン・カスタムショップ製ファイヤーバード)が完成いたしました。

扶桑社文芸誌”en-taxi”7号 (9/27発売) 
小野瀬雅生懐食エッセイ 「ステーキはハマの味」。のっさんがなつかしいビフテキへ思いをはせつつステーキ店をはしご。ご馳走さまです。

11/18小野瀬雅生ショウ(他)ライヴ@初台DOORS決定! 

横浜ベイスターズ応援歌「BE A HERO」発売中!
9月1日、横浜ベイスターズ応援歌「BE A HERO」 (クレイジーケンバンドfeaturing小野瀬雅生)が多くのお問い合わせに答えて緊急発売になりました!
クレイジーケンバンドオフィシャルサイトの通信販売でもお求めになれます)

山野楽器・ギブソンエクスプローラーの広告に小野瀬が再度登場!
先月に引き続き、音楽雑誌”Player"10月号(9/2発売)にも掲載になりました。
先月とは別のショットですのでお楽しみに。


ギター・マガジン9月号(8/12発売)
 ・クレイジーケンバンド「BROWN METALLIC」小野瀬インタビュー
 ・”ビンテージ・ギター・カフェ”小野瀬、至高の69年ファイヤーバードVIIを試奏、感激のコメントです。

山野楽器によるギブソンエクスプローラーの広告に小野瀬登場!
音楽雑誌”Player"9月号掲載、表紙をめくるとすぐにみつかります。

TOKYO GUITAR SHOW2004レポート
小野瀬雅生ショウもライヴ出演したTOKYO GUITAR SHOW2004のレポートが
ギブソン・オフィシャルファンサイトで紹介されています。熱演中ののっさん画像もあり。 

ソニーマガジンズより、雑誌GbMに連載された"CKBD"(CRAZY KEN BAND DICTIONARY)の集大成ともいえる単行本が発売になりました。昨年アルバム"LITTLE HIGH BIG NOW”を出したばかりの小野瀬雅生ショウメンバーのインタビューも収録されています。大澤・今村の意外なルーツにびっくり!?
1890円(本体価格1800円+税)
ソニー・マガジンズの書籍・雑誌に関するお問い合わせは、catchbon@sonymagazines.jp まで。


「第10回箱根ヨコワケハンサムワールドatふじ丸」で小野瀬雅生ショウ・ライヴ! 
7/17深夜、豪華客船ふじ丸”エメラルドラウンジ”で、途中トリオ・ザ・ドッグホーンズを迎えてのセッションライヴが朝まで繰り広げられました。できたばかりという新曲も披露され、今後の活動に要注目!


横浜スタジアム場内FM 「FMハマスタ」に小野瀬がゲスト出演  
7/16日、「クレイジーケンバンドfeaturing小野瀬雅生」による横浜ベイスターズ応援歌(作詞作曲:小野瀬雅生)発表にともない、小野瀬が球場内FMにゲスト出演しました。ハマスタFMへの登場は2度目。


ギターマガジン8月号「ビンテージ・ギター・カフェ」(7月13日発売)
小野瀬によるビンテージ・ファイヤーバード試奏、第2弾。
今回は65年ギブソン・ファイヤーバード I 。ノンリバです。


EURO-ROCK PRESSに小野瀬雅生ショウライヴレポート掲載(5/31発売)
去る4/11青山CAYで開かれた「バーレスクショー2004」出演のライヴレポート。


TOKYO GUITAR SHOW2004に出演しました
6/5〜6の2日間、有明TFT500ホールで開催されたTOKYO GUITAR SHOW。
6日には小野瀬雅生ショウがライヴ出演いたしました。”のっさんのFIREBIRD"はもちろん、CKBニューアルバムでも大活躍のニューギター「エクスプローラ」も炸裂。クレイジーケンバンドの第二ギタリスト・新宮虎児も特別出演して愛器ES-335を披露。
さらにスモーキーテツニ、洞口信也、最後には横山剣も飛び入りコーラス参加し、
大好評のうち終了いたしました。雨の中たくさんのご来場をありがとうございました。


レザボアレコーズ ダブルジョイレコーズ 東芝EMI ダブルジョイレコーズ クレイジーケンバンド